USホーム株式会社|新築・リフォーム・解体工事・外構エクステリア工事|大阪堺市

新築・リフォームから古家の解体・土地探し・資金計画(住宅ローン)もお任せください!

ホームスタッフブログ ≫ 冬のヒートショック対策!断熱材で安心・快適に ≫

冬のヒートショック対策!断熱材で安心・快適に

 まだまだ日中は暑く30度を超える日もありますが、10月に入ってようやく朝晩過ごしやすくなってきましたね。普段シャワーだけで済ませていた方も、ゆっくり浴槽に浸かって秋の夜長のリラックスタイムを楽しめる季節に。
 お風呂タイムが楽しくなる一方で、冬になると浴室と脱衣所の温度差が出来てしまいます。冷たい床に震えてしまうことはもちろん、冷えた体を急激に温めることから脳梗塞を引き起こしてしまう危険性も。
これから冬を迎えるにあたって、浴室の寒さ対策に断熱材を入れるリフォームを検討されている方も多いのではないでしょうか。
 そこで今回は、安心・快適にバスタイムを楽しむために断熱材を使用したリフォームについてご紹介したいと思います。
 

断熱リフォームの種類

断熱タイル
在来工法の浴室では、冬の入浴時に床のタイルから冷たさを感じやすいものです。既存のタイルの上から断熱タイルを貼ると、足元からの冷えを防ぐことができます。クッション性もあり、転倒時の不安も減らせます。
 cee7c463659e111f75f3ba44226b810b_s (1)
断熱塗装
浴室は、塗装によっても断熱効果を得ることもできます。ヒビなど気になる部分も合わせて補修できます。
 
内窓を設置
窓の隙間から外気が入り込んできてしまうと、どんな断熱効果も感じられません。今ある窓に内窓をつけると、サッシの間に空気の層ができて断熱できます。アルミよりも樹脂サッシの方がより高い断熱効果が感じられます。
 eec04a0135f8851c1abbadd67ced137d_s (1)
天井断熱
より高い断熱効果を得るためには、断熱材は横壁や床下だけでなく、天井も囲っておく必要があります。天井の部分に断熱材を入れることで、断熱効果を高めます。
 6cb98fb15e91e7bf26207da201040ad7_s (1)
いかがでしたか?
次回は断熱材を入れる際の注意点についてお話ししたいと思います。

USホーム株式会社(新築・リフォーム・外構工事)大阪堺市
 
2019年10月01日 13:23

USホーム株式会社

〒590-0048
大阪府堺市堺区一条通19-14
ウエノ第二ビル4F

0120-633-357

受付時間 9:00~19:00
水曜定休

モバイルサイト

USホーム株式会社スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら