USホーム株式会社|新築・リフォーム・解体工事・外構エクステリア工事|大阪堺市

新築・リフォームから古家の解体・土地探し・資金計画(住宅ローン)もお任せください!

ホームスタッフブログ ≫ トイレの床材 正しいお手入れ方法を伝授! ≫

トイレの床材 正しいお手入れ方法を伝授!

毎日利用するトイレをおしゃれで快適な空間にするために、床材の選び方についてご紹介させていただきました。

トイレの床は特に汚れやすいので、やっぱり掃除がしやすいものがいいですよね。

そこで今回はトイレの床材の種類別にお手入れ方法をご紹介します。

オシャレで居心地が良いから、ついつい長居してしまう…そんなトイレ空間を指しましょう!
 

 クッションフロア

まずは掃除機等でほこりを吸い取ってください。トイレの角部分も丁寧に。
次に硬く絞った雑巾で拭いていきます。汚れが強い場合は、中性洗剤を水に薄めて雑巾を濡らし、汚れが浮くように円を描いて拭いてください。
そして、水に濡らして硬く絞ったメラミンスポンジを使って、全体的に軽くこすります。最後に乾いた雑巾でふきとれば完了です。
ただし、汚れを落とすときに力をいれすぎないで拭いてください。力を入れすぎるとキズがついてしまい、そこから汚れが入りこんでしまいます。
クッションフロア

タイル

まずは水で絞った雑巾などで拭き掃除をおこないましょう。
汚れが落ちにくい場合、中性洗剤を水に薄めて雑巾を濡らし、固く絞ってから拭き掃除をしてください。その後きれいな水で絞った雑巾で洗剤分を拭き取ってください。
目地に汚れが染み込んで落ちにくい場合は、塩素系漂白剤を水に薄めて、これを雑巾にひたして汚れ部分を軽くたたくようにして汚れを吸い取ってください。こすりすぎると目地がはがれてしまうので気をつけましょう。
タイル

 フローリング

まずは掃除機等でほこりを吸い取ってください。
次に、中性洗剤を水に薄めて雑巾を濡らし、固く絞ってから拭き掃除をしてください。
中性洗剤を使って拭いた後は、洗剤成分などを残さない様に布を使って拭き取るようにするとよいようです。
床にこぼれた小水などはすぐに拭き取ってください。濡れたまま放置すると、便器と床材の隙間や継ぎ目に入り、シミが生じることがあります。
フローリング3

 いかがでしたか?

正しいお手入れ方法でお気に入りの床材を長く清潔に保ってくださいね。

USホーム株式会社(新築・リフォーム・外構工事)大阪堺市

2019年08月09日 10:14

USホーム株式会社

〒590-0048
大阪府堺市堺区一条通19-14
ウエノ第二ビル4F

0120-633-357

受付時間 9:00~19:00
水曜定休

モバイルサイト

USホーム株式会社スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら